2007年11月 8日 (木)

和解勧告が出ましたね

昨夜は各局で薬害肝炎の和解勧告のニュースや特集がながれましたね。和解に向けてのスタートとはいえ、福田総理や舛添大臣のコメントを信じたいと思いました。

深夜にも関わらず厚生労働省前に立って取材に応じていた原告に方々の中に九州原告の小林邦丘さんの姿もありましたね。11/3に大分に来てもらったばっかりなのでとてもうれしく思いました。アナウンサーもたまには小林さんのコメントも引き出して欲しいと思いました。(KIYO)

2007年11月 7日 (水)

感染者症例リスト418人

昨日の報道の中で、問題となっている感染者症例リスト418人分の中に出田さんの感染症例が確認されたと出ていました。11/3に大分に来られたときに、医者がはっきり証言しているのにまだ情報を隠すのか、と怒っていましたが、その怒りやプレッシャーを与えなければこうも簡単に情報が隠されてしまうものなかと残念に思います。

結局、国も製薬企業も命の重みというものを感じられない体質になってしまっているのでしょう。本日、13:30からの大阪高裁では和解に向けた所見が出るのではないかと言われています。国や製薬企業の責任はもちろん、これまで20年以上放置し、5年に及ぶ裁判で否定し続けたことに対しても厳しく追及してもらいたいと思っています。

本日の薬害肝炎報道に注目してください。(KIYO)

2007年9月14日 (金)

座り込み解除と大阪での和解情報

10~12日に行われていました座り込みは12日の15時頃に解除されたようです。

詳しい情報は 

リレーブログ:http://kanenrelay.exblog.jp/6132963/

福田さんブログ:http://blog.livedoor.jp/ennriko555/

をご覧下さい。安部総理の辞任発表という予想外の展開はありましたが、一定の成果は得られたようです。

また、「古賀克重法律事務所」ブログには「大阪高裁が和解勧告へ」という記事が載っていました。この詳細は本日開催の大阪高裁の中で明らかにされるようです。

治療費補助を含めた恒久対策は政局が安定した段階で法案提出として進んでいくことでしょう。

責任の所在・謝罪・賠償ということについては、高裁の和解という判断によって解決が図られる可能性が出てきました。

どちらも早期完全決着を望みたいと思います。仙台不当判決から座り込みに掛けてご支援いただいた皆様、ありがとうございました。そして雨のなか座り込みに関わった皆様本当にお疲れ様でした。

どちらも支援の声、世論が必要になってくると思います。れからも全面解決に向けて頑張って行きましょう。(KIYO)

2007年9月11日 (火)

最新の座り込み情報は

座り込みに関しては薬害肝炎訴訟 リレーブログに最新情報が掲載されています。

昨日もたくさんの取材を受け、夜のニュースでも取り上げられていました。

9/8の大分学習会の後に「かぼす飴」を武田さんに座り込みでエネルギーが切れたときに食べてくださいと手渡しました。大分の元気の伝わるといいなー。

座り込みへの支援はお近くの方は激励に駆けつけてください。

遠方の方は

【連絡先】薬害肝炎訴訟「かえせ! 生命を」座り込み実行委員会
オアシス法律事務所内 TEL 03-5363-0138 

まで声援を届けてください。(KIYO)

2007年8月 1日 (水)

7/29名古屋判決で4度目の『勝訴』、しかも「全面勝訴」に近い判決

愛知・岐阜・静岡3県9人の原告に対する名古屋判決は『全面勝訴』とも言える判決でした。名古屋地裁の松並重雄裁判長は、フィブリノゲンの原告6人全員と、クリスマシンなどの第9因子製剤の原告3人のうち因果関係の認められる2人について、国と製薬会社の法的責任を認めました。
薬に対する有用性は認められ、適用症限定についての義務違反も認められていませんが、「指示・警告義務違反」として、1976年12月のクリスマシンの製造承認時から、フィブリノゲンは名称変更した1976年4月から、国及び企業(三菱ウエルファーマ、日薬)の責任を認めた画期的な判決です。
さらに、第9因子製剤をめぐる国の法的責任も初めて認定し、PPSB―ニチヤクの薬害についても初めて損害賠償の支払いを命じています。

この4つ目の勝訴判決を武器に一気に全面解決への流れを作って行きたい所です。でこぽんさんらも東京での国会対策で上京して闘っています。

この流れに沿って引き続き力強いご支援をお願い致します。

判決の詳細は「古賀克重法律事務所」ブログ をご覧下さい。 

      (KIYO)

2007年7月30日 (月)

7/31 注目の名古屋判決

明日7/31 は、4ケ所目となる名古屋判決の日です。判決は、 名古屋地裁1階1号法廷で午後2時~となっていますので、どうかご注目下さい。また、午後3時~4時には、桜華会館4階松の間 (裁判所南側。護国神社敷地内)で報告集会が行われます。

スッキリした判決を期待しています。また参院選で見事当選された薬害エイズの原告だった川田龍平さんの活躍も期待したいと思いますし、個人的には自民比例から当選されたもと・大分の衛藤せいいちさんも期待したいと思います。また、「次は姫の厚労省退治!」も期待しているのです。しかし、国会の召集が8/7ごろと言われているので、判決後しばらくは当選議員の皆さんは、いらっしゃらなのですよね・・・。

Img_0521sさて、7/29は参院選の投票を済ませて、長者原のタデ原湿原や阿蘇方面にボランティアの下見に行ってきました。雄大な久住連山を眺めながらタデ原湿原の木歩道を歩いてみましたら、夏の花たちと出会って思わず接写してみました・・・。

Img_0517s丸いボンボンの花は「ヒゴタイ」、ミツバチが仕事している花は「ハンカイソウ」です。ボランティアの本番は9/15なので、また違う秋の花に出会うかもしれません。

そうそう、このタデ原湿原はラムサール条約に Img_0529s登録されているらしいです・・・。近くにいても知らないことは多いです。

薬害肝炎も周りにはまだ知らない人も多いかもしれません。明日の判決で再びマスコミによる露出が多くなり関心が広がることを願っています。(KIYO)

2007年6月21日 (木)

「6.25 もう待てない!!総理決断要求行動!」

▼古賀弁護士ブログからの全文転載です

http://lawyer-koga.cocolog-nifty.com/

もう待てない!!総理決断要求行動!」

3月23日の東京判決の後、薬害肝炎の原告らは早期全面解決を求めて厚生労働省前での座り込みを行いました。その結果,官邸は要望書を受け取り,政府は「政府と与党が一体となって、肝炎問題の解決に取り組む」と言明しました。
 しかし、この3ヶ月間,具体的な救済案は未だ出されません。それどころか,自民党プロジェクトチームは,原告団との面談すら行おうとしません。厚生労働省の官僚は、「裁判で争い続ける」と主張して、和解のテーブルに着こうとさえしません。懸案の集団訴訟の中でも「薬害肝炎問題」については、官邸は、「難しいから手をつけない」「参議院選挙までに一般政策を打ち出して終わりにする」という態度としか思えません。政治主導で困難な問題を解決しようという、意欲もリーダーシップも感じられません。
 その間にも、原告・患者の病状は日々悪化しています。裁判の判決を聞く前に亡くなられた原告もいます。
 そこで,原告らは,全国から結集して,首相官邸に赴き直接総理に決断を求めます。弁護団も支援者もこれをサポートすべく,全国から結集します。
 みなさまの協力が必要なのです。現場に来て,原告らの行動を支援してほしいのです。少しの時間で構いません。一人でも多くの皆さまにご参加頂けますよう、心よりお願い申し上げます。

2007年6月25日(月)
  13:00~  日比谷公園「かもめの広場」 集合
  13:30~  首相官邸へ向けて移動
  14:00~  薬害肝炎訴訟原告による総理決断要求行動

(徒歩による移動が困難な方は,直接首相官邸前まで来てください。)

***********************

▼全国弁護団のHPにも行動と原告の思いが紹介されています。http://www.hcv.jp/0625protest.html

・・・お近くの方、遠方でも参加可能な方は是非ともご参加下さい。(KIYO)

2007年6月 7日 (木)

別府は地震が続いています

昨日から地震が続いています。かなり頻繁に起こるのでいつも揺れているような感覚になり気持ち悪くなります。別府周辺にはたくさんの断層があるらしいです。

さて、徳田事務所にあった新しい書籍を見ていたら出田さんも書いているものがありましたのでご紹介します。

ハンセン病・薬害問題
プロジェクト 作為・不作為へ
山本務・熱田一信 編著

本の泉社 発行

第2部第3章に「薬害C型肝炎の当事者として」出田妙子

と載っていました。

しかし時間がないのでまだ中身は読んでいません。(KIYO)

2007年4月 2日 (月)

このギャップ・・・

情報を収集しようと思ってネットを検索していたら下記のブログに出会いました。

『フィブリノゲン製剤訴訟・東京地裁判決について』(厚生労働省)

http://www.jcf-web.jp/modules/wordpress/index.php?p=151

読んでいくと厚生労働省の本音はここに載っている通りだと思って腹が立ちました。

これで解決していくのかな?という「?」マークがいっぱい付くのは私だけかなー。(KIYO)

厚生労働省情報は下記からもご覧いただけます。

▼フィブリノゲン製剤訴訟・東京地裁判決についてhttp://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/03/h0330-9.html

2007年4月 1日 (日)

座り込み速報は

28日から行われた座り込みの内容と結果は下記のブログに詳しく書かれていますのでご覧下さい。

「古賀克重法律事務所」ブログ

薬害肝炎訴訟 リレーブログ

真の全面解決にはこれからが重要のようです。曖昧な恒久対策だけを実行させることにならないように、責任を認めさせて実行させる支援の力が必要です。今後ともよろしくお願い致します。(KIYO)

より以前の記事一覧

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30