« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年11月

2013年11月15日 (金)

へこみ中

年に数回、大学などで薬害肝炎の話をしています。そのレポートが送られてきました。

「同情のCimg1772念を送ります。」「かわいそう。」

必ずこんな言葉に出会います。

被害者として同情されることはある意味仕方のないことかもしれません。もちろん悪意なんてあろうはずもなく、正直な気持ちだとわかっています。

それでもやはり、、、こたえます。

2013年11月 8日 (金)

秋の長崎へ

昨日は長崎大学でお話してきました

もう今年でCimg17696回目となりました。

熊本~長崎間は高速バスで3時間半の長丁場。着いたらいつも長崎皿うどんでお腹を満たしてから大学へ。細麵好み。

2008年に初めて伺ったときはちょうど治療を始めたばかりのころ。昨日、担当教官の黒田先生から、「でこぽんさん、とても明るくなられましたね」と。

あの頃ってそんなに暗かったんだ。きっと副作用のきつさと不安でいっぱいいっぱいだったんでしょうね。

最近の新聞記事のコピーを資料として持って行きました。降圧剤ディオバンの不正論文問題と、大衆薬のインターネット販売に関する記事。楽天の社長がテレビカメラの前で、「安全性に何の問題があるんだ」と大激怒していましたが、国はよく判断してくれたと思います。

私達薬害被害者の願いは、「薬害のない社会」。

もちろん第三者機関などの国のシステムつくりも重要です。加えて、「人」。最前線で仕事をする人たちが、「命に関わる仕事をしている」ということに誇りと責任を持つことが大切なのではないかと思うのです。

薬学部の1年生はみんなきらきらして見えました。6年後には間違いなく医療現場や行政機関、そして製薬企業などの最前線で仕事をするようになる人たち。

未来へ希望を託したい若者たちです。

2013年11月 6日 (水)

秋の大分へ

3連休は大Cimg1768分へ行ってきました

薬害HIV訴訟原告であった、草伏さん、M君、そして昨年亡くなられた瀬戸さんの追悼集会が毎年この日に開かれています。

今回も草伏さんの生前の講演をビデオでたどりました。病状が悪化していく中でのたんたんとした語りに毎回衝撃を受けます。

遅まきながらですが、命を削って闘った3人の方の生き方を知ることで、そして集会に参加した方々のお話をうかがうことで、自分自身の活動の原点に帰ることができるのです。

« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30