« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月13日 (木)

禅寺でZEN

12月になってめっきり寒くなりました。

寒さが苦手な私です。こんな寒い日は、できるなら家のなかでじ~~っとしていたい。

さて、お寺でのヨガ教室に通い始めて約1年が経ちました。といっても月に1、2度ほどしか行けませんが、家での朝ヨガは継続中です。ゆる~~く。この季節、身体を動かすのはヨガくらいなのでせっせと頑張っております。

1週間前のことですCimg1457が、お世話になっている大慈禅寺で坐禅を初体験しました。座禅堂にキャンドルを灯して座る、キャンドルZEN。

12月7日、お釈迦様が悟りを開かれた日というので、大慈禅寺のご住職様がその日に坐禅を提案されました。

坐禅のお作法について簡単に説明をうけ、さっそく座ります。足を組み、印を結び、背筋を伸ばして、目は半開き。キャンドルのやさしい光がうっすらと目に入ってきます。

坐禅を組んでいる間、私は自分の呼吸を整えることと、姿勢を整えることだけに集中~。

自分の身体に意識を向けていると、痛む場所が出てきました。

そこは背中の右側、肝臓の裏側。肝炎になって以来、いつも痛んでいた場所でした。最近は全く痛みを感じることはなかったのすが、やはり25年間も病んでいたのでそう簡単に元にもどるわけでもないのですね。長い間ウイルスと闘って頑張ってくれた私の肝臓がとてもいとおしく思えてきたのです。

そんなことを感じていると、坐禅の終わりを告げる鐘の音が聞こえてきました。なんと40分間も座っていました。そんなに長い時間、手足も動かさずじっと座たことは初めての経験で驚きでした。

ご住職様のお話を聴き、みんなで甘酒をいただき、おひらきとなりました。帰り際、ヨガのゆみ先生が記念写真をパチリ。みんな達成感に浸っており、 ”どや顔” でした。

その日は東北地方で地震が起き、熊本県では竜巻警報が発令されていました。雷が鳴り、激しい雨が降る大荒れのお天気の中、静かに静かに座る時間を持てたことに感謝してお寺をあとにしたのでした。

※写真は、ご住職様が描かれた達磨さん。

2012年12月 5日 (水)

薬害再発防止のために

企業との継続協議が過去3回開催されていて、残りあと1回です。

今年1月のことですが、田辺三菱製薬との3回目協議に参加しました。

原告団が求めている薬害肝炎事件の社内検証や再発防止のための社員教育など、とても十分なものではなく、特に社内検証については全く行う意思がありません。また、被害者掘り起こしのためのカルテ調査も遅々として進んでいません。

田辺三菱製薬にしてみれば、基本合意書に書いてあることだし、仕方がないので、協議の回数をただ重ねているだけのように思えてなりません。

そんな思惑がみえみえです。

協議はあと1回残されていますが、このような消極的な状況を踏まえて、先月末、厚生労働省記者クラブで記者会見を行いました。

記者クラブでの会見、私は1年ぶりくらいですが、記者の数はちらほら。世間は衆議院総選挙一色で仕方ないのかもしれませんが。それでも取材してくれたマスコミには感謝です。

記者会見から数日後、広島で「薬害根絶フォーラム」が開催されました。年に1度、薬害被害者が集い、薬害根絶をアピールしています。

今年もそれぞれの薬害団体から、被害者が自分の被害を語りました。

どれだけ時間が経とうとも決して癒えることのない傷の数々をまた知ることになりました。

薬害は起こってはならない・ならなかった、のです。訴訟によって補償を受けたとしても、その人生はリセットできないのですから。

田辺三菱は、再発防止のため、せめて私達が求める社内検証と社員教育ぐらいは迅速に行って誠実さを示すべきではないかと思います。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30