« 人吉春風マラソン | トップページ | ひとすじのひかりから »

2012年2月29日 (水)

熊本県の取り組み

また寒くなりました。春が待ち遠しい毎日ですが、庭の椿は満開。

週末のCimg1063_2東京マラソン、おもしろかったですね。

藤原新選手の走りをドキドキしながら観てました。それにしても、世界のトップランナーと一緒に走れるなんて、一般ランナーにとっては最高でしょうね。

私はというと、19日のハーフマラソンの後遺症でぐずぐずしておりました。足の筋肉痛もやっとなくなり、それにともなって膝の不調もおさまりつつあります。ここまで10日もかかってしまいました。情けないです。

無謀にもフルマラソンに挑戦したいなどと勢いにまかせて書いてしまいましたが、それにはまず身体のずれを治し、足腰の筋力をつけないととても走れませんね。

さて、先日、熊本県肝疾患連携拠点病院等連絡協議会が開かれ、患者委員として出席してきました。

熊本県では、県と熊大病院を中心とする医療機関が連携していろいろな活動を行っています。

主なものとして、肝がん撲滅運動市民公開講座、肝疾患相談室、がんペプチドワクチン療養に関する相談、肝炎患者サロン、など。

来年度はこれらに加えて、7月28日の「世界肝炎デー」にイベントを行うことが決まりました。

詳細はこれからですが、イベントを通じて、より多くの患者さんが行政や医療機関の取り組みを知り、利用するきっかけになればと考えています。

« 人吉春風マラソン | トップページ | ひとすじのひかりから »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/8834/44303429

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本県の取り組み:

« 人吉春風マラソン | トップページ | ひとすじのひかりから »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30