« 風邪 | トップページ | お寺でヨーガ2 »

2011年12月19日 (月)

肝がんの至適医療を考える

という講演会が17日熊本市内でありました。

現在行われCimg0953ている「SURF」という臨床試験についての講演会でした。

初発の肝細胞ガン(3個以下、3センチ以下)の標準治療として現在行われているのが、肝切除とラジオ波焼却療法。どちらがより有効なのか、2009年からランダム化比較試験が行われているそうです。

SURF  というのは、SURGERY VS  RAF(ラジオ波焼却療法)の造語。

講演会では、私達患者にもわかりやすく、基調講演の後、内科医、外科医、移植外科医がそれぞれの最新医療についてプレゼン。

1.内科的治療の最前線(経皮的RFAを中心に)

2.外科的治療の最前線(肝切除と外科的RFA)

3.肝がんの肝移植について

4.SURF trial  について

5.SURF  trial  の実践報告

二つの治療法について、現在までに生存率や再発率についてトリプルAのエビデンスがないため、ドクターのこれまでの経験や印象などによって選択されることが多い、という話でした。

SURF trial  の意義は、科学的根拠がなかった二つの治療法による有効性を客観的に比較すること。臨床試験はそれぞれ300例、計600例が必要ということでしたが、まだ150例しか登録されていないそうです。

最後に大分大学においての実践報告がありました。内科的治療を選択するのか、外科的治療を選択するのか、患者側の選択理由は「切ったら終わりだと知り合いに言われたから。」「悪いところは切って早くすっきりしたいから」などなど。また、最初にどちらの診療科を受診したかで決まる場合も多いようです。大分大学では、この臨床試験が始まってから内科と外科の連携が深まったということです。

もし、自分ががんを発症したらどちらを選ぶだろうか?科学的なエビデンスに基づいた治療法であれば迷いも少なくなるでしょう。

SURF trial  についての講演会でしたが、肝がんの最新治療法を一度に聞くことができて勉強になりました。そして、なによりガンの早期発見が一番重要だということも再認識しました。

熊本県では、熊大附属病院で臨床試験が行われており、参加者を募っています。

« 風邪 | トップページ | お寺でヨーガ2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/8834/43431964

この記事へのトラックバック一覧です: 肝がんの至適医療を考える:

» 病院女子トイレ〜ナース・医療事務員などを盗撮 [Megaporn盗撮ライブラリー]
病院女子和式トイレ盗撮映像。無修正で鮮明に排泄陰部が写っています。顔も確認できるのもあります。当然、無料動画です。 [続きを読む]

« 風邪 | トップページ | お寺でヨーガ2 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31