« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

子供つながりで

先週土曜日は、長男のS高時代のサッカー部の保護者会忘年会でした。

忘年会は毎年Cimg045511月の最終土曜日と決まっていて、この案内状が届くと歳の瀬の近さを感じてなんだかあせってしまうのです。

息子達が15歳のときに出会ってから12年もの長いお付き合いになります。この間、私は手術したり、裁判したり、治療したりと、大変な時間を過ごしていましたが、そのたびに応援してくれました。

忘年会と暑気払いは夫婦での参加、ほかにもキャンプやバーベキューや母親組で旅行したり。子供をだしに集まっては飲むのが好きな大人達、いまだにこうやって集まれるのもサッカーのおかげです。

今では子供たちのプレーを観戦することもなくなり、たまに地元J2チームのロアッソ熊本のホームゲームを観に行くらいになりました。ロアッソのJ1への道は険しく、私のサッカー熱も当然下がり気味でしたが、先日のオリンピック予選での大津選手のヘディングシュートにほれぼれ。「ちゃらお」君のファンになってしまいました。

勝利インタビューで「、、、、っす!!」を連発。かわいい。

2011年11月28日 (月)

11月も終わり

ブログ、しばらくおさぼりしてましたwobbly

この10日間ほCimg0922ど体調がおもわしくなく、何が原因かよくわからないのですが先月から毎週のように上京していたからかも。

ただの疲れだといいのですが、、、。

1日は久々に熊大病院での検査日なので少し怖い。何事もなかったらうれしいのですが。

その間のことを少しだけアップします。

16日は医薬品行政の評価・監視を行う第3者機関の件で東京へ行ってきました。11時から議員会館で各政党ヒアリングと、午後6時からは厚生科学審議会医薬品制度改正部会を傍聴しました。

部会では医薬品の迅速承認の議論が大半を占め、第3者機関についての議論は最後のわずか15分で終了してしまいました。しかし、次回12月の部会でこの件について案を提出することとなり、かなりの進展が見られました。

その夜は東京に1泊し、翌日の始発便で長崎へ。長崎大学で講演でした。大村空港は初めてだったので、早めの便に乗ることにしました。2日続けて5時起き。

2時半からの講演に時間がありすぎたので、おひとりさまランチを中華街で。以前、小林君と行ったことのあるお店で大好きな細めんパリパリ焼そばをなんとか完食。

長崎大学の薬学部でお話するのはもう今年で4回目になります。まちがいなくほとんどの学生さんが、4年後または6年後には薬剤師となったり製薬企業や行政で仕事をすることになります。いつも、私のような薬害被害者は最後にしてほしい、という願いを込めて話します。

帰りのバスの時間まで、担当の尾野村先生と1時間ほどお話をして帰りました。気さくな先生でお話も弾みます。

2日間のCimg0902移動がこたえたのかもしれませんね。

今朝は熊本も冬らしく寒い朝でした。寒さも疲れも気合でぶ  っ飛ばした~い。

2011年11月15日 (火)

お寺で

ヨーガをはじめました。

ゆっくりと呼吸をコントロールしながらポーズをとる。1時間半のレッスンの後、軽い筋肉痛を感じながら帰ると、余韻がなんともいえず心地いい。いつの間にか穏やかで晴れやかな気持ちになっているのが不思議。

普段は外からの刺激にあちこち揺れ動く私達の心。ヨーガをしている時は自分の内部に意識を集中し、ひたすら自分自身を見つめます。

ヨーガは「つなぐ」という意味。心が動かないようつなぎとめます。

ヨーガとの出会いは肝炎に感染して1年くらいたった頃。体調が悪く精神的にも落ち込んでいた時、通っていた鍼灸の先生に勧められました。それからヨーガは心と身体の支えといっていいほど私にとっては大切な存在になりました。

といってもこの15年くらいは気が向いた時に一人でやるくらいでしたが、そろそろ真剣に向かい合いたいと思っていたところ、大慈禅寺という近くのお寺で教室があるというので体験へ。直観的に気に入ったので11月から通っています。今がそのタイミングなのでしょう。

今日で3回目。先Cimg0916生はたぶん40代・きれい系・手足が長くてスタイル抜群・声も魅力的。先生を見て声を聴いているだけでも癒されてしまいそう。

今日はエッセンシャルオイルとセサミオイルをブレンドしてオイルマッサージもあって、アロマが好きな私は大満足。

たのしかった。

2011年11月14日 (月)

薬害はもういらない

先週の東京では議員面談でした。

C型肝炎に感染して24年目にウイルスを排除することができ、私は今元気になりました。

でも、原告団の仲間の訃報が届くたび、やりきれない気持ちになります。

この薬害が起こらなかったら、だれひとり肝臓病で命を落とすこともなく、また人生を狂わされることもなかったのです。私達のように薬害で苦しむ人をこれ以上出してはならないと思います。そのためには医薬品の安全性が何よりまず確立されるべきです。

医薬品行政の監視・評価を行う第3者機関の設置は私達だけではなく、すべての薬害被害者の願いです。

来年の通常国会に第3者機関設置に関する法案を提出し、法的拘束力を持つ組織をつくること。それを実現するために、検証会議や大臣協議などを通してこの数年間一歩づつ積み重ねてきました。そして、この10月には暫定的組織を立ちあげ、来年の法整備に向けて準備するという約束でした。

しかし、ここにきて厚生労働省はこれまでの原告弁護団との協議内容や大臣面談時の大臣発言を全く無視した不誠実な対応に終始しています。法整備は必要ないし、できないと。

2年にわたって議論された検証会議の最終提言や大臣発言が軽視されていいはずがありません。法律に基づかない組織がどうして薬害の再発を防ぐことができるのでしょうか。

このような対応に対して、先月私達は暫定組織設置の凍結を申し入れました。そして、検証会議の元委員からも、最終提言を尊重するよう意見書が提出されました。

16日はこの問題を知ってもらうためにまた国会に行ってきます。そして、暫定組織の凍結と最終提言尊重の申し入れ等を受けて、第8回厚生科学審議会医薬品等制度改正検討部会でどのような議論が行われるのか、傍聴するつもりです。

2011年11月10日 (木)

東京へ

今日は夕方の便で東京へ行ってきます

医薬品行政の監視・評価を行う第3者機関の件で。先月は3回、国会や厚労省で要望してきました。

法律にのっとった監視機関が立ちあがれば、私達が目指す薬害根絶に一歩近づくことになります。

しかし、厚生労働省の不誠実な対応は相変わらずで、今がだいじな時期。

明日の議員面談の集合は9時45分。どう頑張ったって熊本からは間に合いそうもないので、前泊です。詳しくは帰ってからまた報告します。

急に寒くなったうえ、雨の予報。あ~~、、、、、、。

2011年11月 6日 (日)

産山村

産山(うぶやま)村のIさん、とっても楽しい1日をありがとう!!

私達4人娘Cimg0909?のせいで、今日の産山はやかましかったんでは?

池山水源、扇田の棚田、九重有料道路。雨のせいでどこも霧につつまれていましたが、しっとりとした紅葉もまた格別きれいでした。

お昼は農家レストランで。山菜やお野菜が食べきれないほどたくさんでてきてみんな感激。これで1000円でいいの?レストランの産山マダムに、お料理のレシピをしつこく質問。来年春の山菜摘みまであつかましく約束してきましCimg0913た。ただでは帰らないわたしたち。

最後はご住職であるIさんのお寺へ。初めてがんサロンでお会いして以来ずっとお訪ねしたかったところ。山のなかの静かな静かな場所にありました。

がんをきっかけに2年前に産山へ戻り、ご実家のお寺を再興されたお話などをうかがいながら、このご縁を大切にと願う。

Cimg0912

こころのこもったおもてなしに感謝して産山をあとにしました。 

2011年11月 1日 (火)

現代アート

水玉と網目をCimg087650年以上ひたすら描き続ける画家が気になってしかたがなく、ワタリウム美術館(青山)で開催中の草間彌生展に2回行ってきました。

印象的だった作品が2点。

ひとつは、「終わりなき愛」という立体作品。箱のなかをのぞくとそこは鏡によってエンドレスの空間となっていて、箱の外も中も、男性器を  思わせる水玉のスカルプチャで埋め尽くされていました。それはそれは衝撃的でありました。

もうひとつCimg0901はインスタレーション。部屋の中は壁も床も天井もすべて赤の水玉模様。壁は鏡になっているのでとても広く感じられ、部屋の中には大きなひょうたん?のような不思議な形をした巨大なバルーンがふたつ。

無限の水玉の空間に身を置く。水玉の鏡に自分が映っているのが見える。ここで草間彌生と同じように水玉のドレスをまとい、髪や身体中に水玉をつければ、自分自身も水玉の中に埋没していくのだろう。

これが「自己消滅」。恐怖感やコンプレックスを乗り越えるための手段。 草間彌生の魂が伝わってくる。

82歳にしていまだ意欲的に制作中。やりたい放題?いや、なんて自由なんだろう。

ミュージアムショップをのぞくと、版画集が。精密的で美しい。

どれもこれも強烈すぎていまだに焼き付いて離れません。ワタリウムでは11月半ばまでやっているので、機会があればまた足を運びたいと思っています。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30