« 完走できました | トップページ | 現代アート »

2011年10月27日 (木)

訃報

大阪原告の加地智子さんがお亡くなりになったこと、今日夕方知りました。

しばらく涙が止まりませんでした。病状がそんなに悪かったとは全然知らずに、最近お会いしないのはお仕事がおいそがしいのかな、と思っていました。

加地さんは418リストに記載されていたひとり。フィブリノゲンが1988年に回収されていたにもかかわらず、1991年に投与されています。すべての病院にその危険性が知らされていなかったことになります。徹底した対策がとられていたら、彼女が肝炎に感染することはなかったのです。本当に信じられないことです。

2007年12月に加地さんは実名で提訴されました。厚生労働省での記者会見で私は隣に座り、加地さんの意見陳述を聴いていました。最後に彼女は「命を大切にしてほしいから、名前を出しました。」と訴えました。今でもその時の毅然とした口調は覚えています。

それからまだ4年しかたっていません。一緒に活動してきましたが、いつも明るく、私が苦しんでいるときは励ましてくれました。

まだ55歳。早すぎます。もっと生きていて欲しかった。

今はただご冥福をお祈りします。

« 完走できました | トップページ | 現代アート »

コメント


すごく残念です…

加地先生は
私が中1の時
お世話になりました(>_<)

いつも明るく
素敵な先生でした…

病気のことを忘れるくらい
元気でハツラツとしてました


天国でゆっくり
休んで欲しいです

お疲れさまでした

りえさま、
コメントありがとうございました。
加地さんの生徒さんからコメントをいただきうれしいです。

学校でも明るい先生だったんですね。

病気と闘いながら、仕事もそして薬害肝炎問題解決への活動も頑張っておられました。そんな加地さんのこころざしを忘れないようしたいと思ってます。

ほんとうに残念で悔しく寂しいですが、これまでありがとう、と伝えたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/8834/42713284

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報:

« 完走できました | トップページ | 現代アート »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30