« スキンシップ | トップページ | 秋の気配 »

2011年9月14日 (水)

残暑のなか

先週は3つ会議がありました。

8日は午後から福岡で九州原告団会議、終わって19時半から熊本県肝疾患連携拠点病院等連絡協議会。

11日は東京で全国原告団弁護団会議。2008年に成立した救済法の期限も残り1年半足らずとなったことから、主に今後の活動方針など(恒久対策と薬害再発防止)について話し合いました。

恒久対策については、肝硬変・肝がん患者への支援がこれからの大きな課題で、さっそく原告団でも生活実態調査が行われます。また、基本指針の策定後、自治体による肝炎対策に格差が生じていることから、肝炎対策推進協議会や都道府県での肝炎対策協議会等の場で促していくことになります。

再発防止については、第3者組織(医薬品監視・評価委員会)の設置にむけての活動、そして、田辺三菱製薬・日本製薬との定期協議も行われます。

1日に120人が亡くなっている現実。私の周りにも、インターフェロン治療・肝硬変・肝がん・移植で大変な闘病生活を強いられている方がたくさんいらしゃいます。厳しい現状が少しでも緩和されるよう、これからも行政に働きかけていきたいと思います。

                  

« スキンシップ | トップページ | 秋の気配 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/8834/41686257

この記事へのトラックバック一覧です: 残暑のなか:

« スキンシップ | トップページ | 秋の気配 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30