« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

サロン第1回目

Cimg0451 会の告知もあまりできなかったので心配でしたが、30人余りの参加がありました。

はじめに熊大病院の佐々木医師が講演、「治療法の進歩、肝疾患診療連携ネットワーク構築による治療レベル向上と均てん化、公的助成による医療費負担軽減など、多方面から患者さんをサポートできる時代になった。患者さんにはこれを機に、慢性肝疾患の治療に正面から向き合っていただきたい。」というメッセージで締めくくられました。

さまざまな方が参加されていたようです。肝硬変、ガンの方、移植された方、IFN治療中の方、ご家族、ご遺族。

約1時間の語らいの時間、どんなお話があったのか?すべての方とお話したわけではありませんが、みんなとてもデリケートな問題を抱えていらっしゃいました。

必要な時に参加し、必要がなくなったら参加しない。自分の気持ちが求める時に、集える場所が近くにあったら。そんなサロンであってほしいと思います。

次回は12月4日(土)、10時~12時、玉名市保健医療センター

                  でこぽん

2010年11月25日 (木)

肝炎サロン

熊本県では「肝炎患者サロン」が始まります。

がんサロンのことを前回アップしましたが、肝臓病患者のための「肝炎サロン」も明日立ちあがります。熊本県と県肝疾患連携拠点病院等連絡協議会が実施主体です。

ちょうど1年前、「肝炎対策基本法」が成立し、厚生労働省は各都道府県でのサロンの設置を勧めています。法律が出来たことによって、県も医療機関の対応も以前とは違ってきたようにCimg0453_2 感じています。

私は治療の体験談をお話することになり、先日、県の担当の方と熊大病院のドクターと打ち合わせをする機会がありました。

その時、ドクターが県の担当者に肝炎患者の置かれている立場を熱く語ってくれました。私達の心情を代弁してくれ、思わず「じ~~ん」ときました。

感染の主な原因は医療行為で患者に責任はないこと。他のがんは早期発見早期治療により治癒する可能性は高いが、肝臓の場合は厳しいこと。20年、30年、40年という長きにわたる闘病生活を強いられていること。

肝炎患者サロンは、患者どうしの交流の場。語ることがお互いを支えることになります。孤独や不安が少しでも和らぎ、闘病の力となれば、と願っています。

サロンの日程です。

☆11月26日、14時~16時、熊大附属病院山崎記念館                           

☆12月4日、10時~12時、玉名地域保健医療センター本館2階食堂

☆12月9日、10時~12時、熊本県八代市地域振興局、5階大会議室

内容は、1、肝炎治療の現状(肝臓専門医) 2、熊本県の肝炎対策の現状 3、肝炎治療の体験談 4、語らいの時間

                                   でこぽん

2010年11月23日 (火)

がんサロン

熊本にはがん患者のための「がんサロン」という場所があります。

2人に1人はがんで亡くなる時代ですが、「自分は大丈夫」と思いがちです。でも、がんの宣告は予告もなしに突然やってくることもあり、何をどう考えていいのか、戸惑うことばかりです。遠くにあった「死」がいきなり隣にやってくるのですから、恐怖に押しつぶされてしまいます。Cimg0460_2

そんな患者が月に1度集まってがんについて学んだり、お互いのことを語り合う場所、「熊本がんサロン」に9月から参加しています。

胸の中には大変な葛藤を抱えているはずなのに、なぜだかそこにはいつも穏やかでやさしい空気が流れています。 笑顔の人が多いのです。

もう随分前、告知を受けた頃にこんな場所があったらどれだけ救われただろう、心強かっただろうと思います。ひとりでは背負いきれない病気です。

                              でこぽん

2010年11月21日 (日)

山口~福岡~長崎

先週はあちこち移動でした。

17日は山口地裁の第2回期日を傍聴しました。11時からの弁論に間にあうように5時起き。その後2時から6時まで福岡で原弁会議。翌日長崎大学で講演があったので福岡に泊まりました。18日講演を終え福岡経由で家に帰りついたのは10時、2日間の移動は思った以上にハードでした。まばたきがしづらいのはむくみ?まぶたの脹れがとれません。

長崎大学では薬Cimg0450学部の1年生にお話してきました。薬害の話は今年で3年目です。

キャンパスは紅葉真っ盛り、学園祭の準備をしていました。ぽかぽかお天気、一番眠たい時間帯、みんな眠っちゃうんじゃないかと心配だったのですが、顔を上げて聴いてくれていたのがとても印象的でした。

とはいえ、今でも講演は苦手です。一番の理由は、またあのころに引き戻されるから。

薬害のない社会が実現すれば、もう被害の話をする必要もなくなるわけで、早くそんな日がやってこないかな、といつも願いながら話しています。

                              でこぽん

2010年11月12日 (金)

お料理番組

治療が終わって早くも1年が過ぎました。

睡眠がうまくいかない日にはまだ安定剤のお世話になっていますが、熱も出なくなり、最近は体調を気にすることも少なくなりました。少しずつ食欲も戻って、体重は4キロ増えました。

治療が終わっても食べたいものがなく、キッチンに立つのも嫌だった頃、なにか作ってみようかな、という気持ちにさせてくれた楽しい料理番組があります。「太一×ケンタロウの男子ごはん」。

視線の9割は太一君ではなくケンタロウに。ふとめで癒しキャラ。いつもチェックのシャツと帽子を着用、エプロンもしていません。料理番組には似つかわしくない格好。料理中、シャツの袖は当然めくってあるのですが、シャツからのぞくその腕に人気が集まっているといううわさ。

ケンタロウは調味料を計量しないでいつも目分量、指でぽんぽん投入しています。えっ!お料理番組でそんな?? 砂糖や塩少々、というのならわかりますが、オリーブオイルと酢を瓶からそのまま入れてドレッシングを作っていた時は感動してしまいました。(画面にはもちろん分量のテロップは出ています。)

「男子ごはん」だからそんなの気にしなくても大丈夫、という感じ。食材も気取ったものはなく、いつでもそろうものばかり。大雑把でゆる~~いところが、私にもすぐ作れそう、という気持ちにさせてくれます。とはいえ、料理のポイントはしっかり教えてくれるので「へえ~~~」といつも目からウロコです。

メニューはやはり男子向き。私にはちょっと重たいメニューですが、4年ぶりに家に帰ってきた食欲旺盛の3男にはぴったり。

本屋で番組のレシピ本を立ち読みしていたら楽しい写真を発見しました。チェックのシャツの下はもちろんジーンズをはいていると疑わなかったのですが、、「半ズボン」でした。太一君も番組撮影スタッフ(男子)もケンタロウに合わせて全員「半ズボン」で撮影しているとか。ずらっと並んだ半ズボン姿を後ろから捉えた写真、笑えます。

                 でこぽん

2010年11月 3日 (水)

美術館

六本木と山都町(熊本県)

東京に出かけた時、飛行機の時間まで時間があるときはだいたい美術館に行くことにしています。六本木の国立新美術館は浜松町から近いので便利。熊本には絶対来てくれない企画展が次々とやってきて、都会に住む人がうらやましいと思う瞬間です。

今は「ゴッホ展Cimg0435」のほか、同じフロアーで「独立展」と「二科展」もやっていて、美術館の広さがわかります。展示室以外のスペースもゆったり。食事もお茶もできるし、座りごごちのいいイスがあちこちに置いてあり、「気のすむまでごゆっくり」と黒川紀章に言われているようです。

「ゴッホ展」は、TBSの安住アナの音声ガイダンスや実物大に再現されたゴッホの寝室の展示もあり楽しめました。

「ゴーギャンの椅子」や「アルルの寝室」は、ゴーギャンへの思い入れに息苦しくなるほどでした。対人関係や貧しさや心の病。描かれた絵は、ドラマチックな人生そのもの、その時々の心情が伝わってきます。

どれもうつくしい色使いでした。1週間経ってもその印象が残っていて、まだゴッホの世界にどっぷり浸かっています。

うれしいことに来年早々に九州の太宰府にもやってきます。また観に行こうと思っています。

都会の美術館はいつも人で大混雑していて、絵を観るのも一苦労。廻りに誰もいない状態でゆっくり観れたら、、、そんな所が近くにありました。

今週日曜は山都町というに町にある「ロンドクラブ」という、あやしげな?名前のギャラリーに。Cimg0442 地元作家の個展をやっているというので夫に誘われて行ってきました。大都町は私の家から車で1時間ほど。そこはとんでもない山奥。途中から舗装もしていない細い山道を登って行くと、森の中にたった1件の家がありました。

入場料は一応200円。でも、夫が2度目だと伝えると私まで無料に。

オーナーの道楽?趣味?

Cimg0440 もともとは自宅兼設計の仕事のために建てたアトリエ。日曜というのに客は私達だけ。こんな山の中、通りすがりの客はいないそうです。遠くに阿蘇の山々、根子岳も見えました。ここにも座り心地のいい椅子があり、ゆっくりできます。最後にオーナーがコーヒーを淹れてくれました。紅葉には若干早くて、来週あたりが見ごろだそう。

自然と一体のギャラリーでした。

すぐ近くには最近話題のパワースポット、幣立宮もあります。

疲れた時はここに行くことにします。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30