« 十三夜 | トップページ | 収穫 »

2010年9月27日 (月)

熊本県の取り組み

先週、熊本県肝炎対策協議会が開かれました。

昨年5月以来2回目の協議会です。今回は県からの依頼で患者委員として参加しました。

熊本県は、拠点病院を中心に医療機関の連携が進んでいて、医療サイドからは具体的な提案や意見がたくさん出されました。

7月の医療機関ネットワーク協議会で提案された「肝炎サロン」が設立に向けて具体的に動き出すことになりました。熊本大学が10月~11月に県内各地で行う医療講演会でサロンを紹介できるよう、今年度内の立ちあげになるようです。

患者の悩み、苦しみはつきず、感染、発病後20年、30年、40年と一生続きます。たった一人で抱え込むには荷が重すぎます。同じ病気を持つ人と交流することで、たくさんのことに気づくことができ、それが闘病の支えとなることも。

県と医療機関と患者が協力して、そんな場がつくれたら。

                        でこぽん

« 十三夜 | トップページ | 収穫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/8834/36906887

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本県の取り組み:

« 十三夜 | トップページ | 収穫 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30