« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月26日 (木)

大阪の報告 

本当に合意できるのか?

22日は早起きして新幹線で大阪へ。午後からの全国原弁会議には各地から80名程の原告が集まりました。

企業に提出する最終基本合意書案にむけての話し合い。4月に企業からの基本合意書案を初めて弁護団から提示されたときは絶句してしまいました。20年以上も放置していたため、1万人分のカルテが失われた事実、418リストの被害情報を隠蔽していたため病状悪化させた事実。企業がこれらの事実についての責任を認めないまま、反省のない謝罪をしても、その謝罪を受けることは絶対にできないと思っていました。特に、1万人分の失われたカルテについては、薬害であることが立証できず救済の対象にならない多くの患者さんのことを考えると、どうしてもここだけは譲れないという思いがありました。

国と先に和解成立していたこと、また原告団の疲労もあり、企業和解に対してはさまざまな意見がありましたが、2ヶ月間話し合ってきた結果やっと最終案をまとめることができました。

翌日は午後から小雨の降るなか、淀屋橋前で街頭活動。1500枚のビラを配りました。その後中ノ島公園から田辺三菱本社まで、原告弁護団、支援、合わせて150人がシュプレヒコールをあげながらパレードしました。大阪では3回目のパレードで、過去2回は企業は何の反応も示しませんでしたが、今回初めて原告7人と弁護士2人が社屋に入り、直接交渉することができました。

田辺三菱側は担当社員1人と代理人4人が対応。私達はそれぞれの思いを一人ずつ述べましたが、相手側の対応には誠実さは感じ取れませんでした。法廷でもずっと企業の態度には憤慨していましたが、ここにきてもなお真摯な対応を示さない田辺三菱に不信感が募りました。

来週中には企業側から今回提出した基本合意書案についての解答が出されます。これが最後です。

             でこぽん

2008年6月22日 (日)

被告製薬企業への抗議

明日から大阪です。

いまだに和解にいたっていない製薬企業へ抗議の行動を23日に起こすことになりました。和解協議がずっと続いていましたが、私達が望む和解案と田辺三菱製薬が示す和解案は隔たりがありすぎます。

私はこの企業が製造し、販売したわずか2グラムの血液製剤によって肝炎に感染し、21年間病気を抱え苦しんできました。これからも病気の進行におびえながら、完治するためにはつらい治療に向き合わなければなりません。

それでもまだ私は生きています。まだ治療という選択が残されています。最低1万人といわれる薬害被害者の中には、自分がなぜ肝炎に感染したのか、その理由さえ知らずに無念のうちに亡くなった人、病状が進行して有効な治療法が見つからない人がたくさんいます。

フィブリノゲンとクリスマシンがどれだけ多くの命を奪い、患者と家族に困難な人生を強いてきたか。その責任の重さを被告企業はもっと認識するべきです。そして心から反省し、被害者に謝罪するべきです。私達は反省のない謝罪は受けるつもりはありません。

                 でこぽん

2008年6月19日 (木)

九大

せっかく早起きしたのに、、、、ついてない。

昨日は無事に615の有明で博多へ。地下鉄で赤坂まで行き、そこでタクシーに乗り、運転手さんにたしかにこう言いました。 「九大の六本松キャンパスへお願いします。」

でも、運転手さんが向かっていたのは九大病院。もっと早く気付けばよかったけれど、かなり走っていた後で、約束の時間には大幅遅刻。「九大といわれたので、てっきり病院だと思いました。」ひら謝りでした。

朝からの私の苦労も台無し。私の年齢だと、九大=病院なのね。それとも病人に見えたのかも。講演の前にどっと疲れが。いつもドタバタです。

昨日は教養部での授業でした。大教室はほぼ満席で、230人程の受講生が。遅刻したせいで打ち合わせができませんでしたが、事前に中山弁護士から要請のあった、「非日常的に見える裁判に立ち上がざるを得なかった心境」などについてもお話してきました。熱心に聴いていただき、早起きした甲斐がありました。

5月に提訴したB型肝炎訴訟の原告さんも訴訟支援のお願いに来られていて、インターフェロン治療のつらさなどをお話されました。これから始まる長くて厳しい闘いを想像すると気軽に「頑張ってください」とは言えませんでした。

その後古賀事務所で22、23日の大阪での企業抗議行動について打ち合わせをして帰りました。

疲れました。山口さんもエリちゃんも同じ。和解後もまったく変わらない忙しさです。

               でこぽん

2008年6月18日 (水)

また福岡へ

一日おきに福岡へ

14日は原告団会議、16日は波多江弁護士と西南大学へ。明日、というかもう今日になってしまいましたが、九大の内田先生の授業に呼んでいただいています。集合がなんと8時20分。熊本を6時15分の始発に乗らないと間に合いません。くすん。

今日は5時起き。最近そんなに早起きしたことがないので心配。ブログを更新している場合ではないのですが、やっと今原稿書き終えました。

最近ちょっとハード。多分山口さんやエリちゃんはもっとかも。もう少し、とがんばっていますが息切れしています。一日おきに福岡往復している自分がなんだかけなげに思えてきました。

        でこぽん

2008年6月13日 (金)

ニュース延期

肝炎特集が延期になったそうです。さっきアップしたばかりですが。

別の事件が発生したそうです。どうもバラバラ殺人事件らしいです。菊池川で先日発見された男性の足、もう片方がさっき見つかったそうで、夕方のニュスはその事件になる模様。特集の時間が削られるより、延期したほうがいい、ということらしいです。放送は、

KKT,6月16日、月曜、18時17分から。「なぜ感染?C型肝炎からガンに。患者の今」

ぜひご覧ください。 ドタバタですみません。      

              でこぽん

今日のニュース

熊本限定ですが

KKT、「テレビタミン」のニュース枠(18時17分頃)で肝炎の特集があります。

「なぜ感染?C型肝炎からガンに。患者の今」というタイトル。

肝ガンを抱えながら 熊本支援の会で一緒に活動していただいている女性の特集です。熊本周辺にお住まいの方はぜひご覧ください。

KKTの城戸さんは私が提訴した5年前からC型肝炎問題に取り組まれています。被害者救済法成立、和解成立によって多くのマスコミはこの問題を取り上げることはなくなりました。「もう肝炎問題は終わった」と大勢の人が認識しているなか、長いスパンで報道していただくことは、全面解決へ向けてかかせないと思っています。

        でこぽん

2008年6月10日 (火)

6月

今日は朝から雨模様、ようやく梅雨入りでしょうか?

過去にはいろいろな出来事が、良いことも悪いことも、なぜかこの季節に集中しています。

21年前と5年前の6月、病室にいました。どちらも病気は何の予告もなく突然やってきました。受け入れることはとうてい難しく、とまどうばかり。治療は痛くて苦しいことの連続でしたが、生きるために頑張ってきました。これからももちろん続きますが。

いつまで生きられるのか、それとも死んでしまうのか。ずっと不安の中にいます。

それでも、雨の季節が今年もまた廻ってきて、まだ生かされていることに安堵しています。

             でこぽん

2008年6月 5日 (木)

患者の会

カルテのない薬害C型肝炎の全員救済を求める新潟の会

先週のことになりますが、民主党の会議で、肝炎対策基本法の早期成立について要請してきました。これまでは毎回原告が出席し、肝炎問題の早期解決を議員に訴えてきました。

先週は新潟の患者会から4人参加されていました。カルテがなく救済法の対象にならない患者の立場から、問題点や苦しみを切々と訴えられました。驚いたのは、4人の方がマスコミフルオープンの会議で実名であったこと。配られた資料には、氏名、年齢、病状まで記載されていました。皆さん60歳代、肝硬変、肝癌、肝移植、肝移植後再発。病状がここまで進行していながら会を立ち上げて闘いはじめられたことに強い決意を感じました。すでに会員は600名を超えているそうです。

訴訟の原告となれた私は、医療記録がないために訴訟への道を閉ざされている患者さんの訴えを聞くとき、ほんとうにつらくなります。そして、救済範囲が限定されることで批判をうけるたびに「私達は5年間必死に闘ってきました。」と答えることしかできません。

新潟の他、鹿児島でも同様の患者会が発足したという小さな新聞記事を見つけました。このような患者会が全国で立ち上がれば事態も変わるはずです。ただ嘆いているだけでは前へ進みません。350万人もの肝炎患者が動けば、不可能も可能に変えることができると信じています。

         でこぽん

2008年6月 3日 (火)

スポーツ

連日テレビで観戦しています。

昨夜はサッカー観戦。久しぶりの代表戦。3ゴールに感激しました。決めるべき人が決めたし、どのゴールもすばらしかった。ゴールに到るまでのプレー、だれがだれにパスしたかもまだ鮮明に覚えています。中村の右足シュートが何度も浮かんできて、昨日は幸せ気分で眠りました。この調子でW杯3次予選も突破して欲しいですね。

先週からはバレーボールも始まったし。バレーボールはあまり興味がありませんでしたが、ついつい引き込まれました。山本選手から目が離せません。こちらも絶対北京に行って欲しいし、今日の韓国戦もテレビで応援します。

            でこぽん

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30