« 第二幕 | トップページ | 東京へ »

2008年5月28日 (水)

感想文

26日は九州看護福祉大に

社会福祉学部の授業ですが、公開講座となっていて、大学職員や一般の方も。はじめに地元の放送局が2月に放送した30分番組のDVDを見てもらいました。子供達も少しですが登場していて、二男が、「母が病気だということをずっと知らなかったので、どうしていつも”きつい”のだろうと思っていた。」とコメントしています。終了後、学生さんが書いた講義の感想文を担当の山本先生からいただきました。

「私の母もC型肝炎です。」という書き出しの感想文がありました。「息子さんの気持ちがよくわかります。いつかは癌になるかもしれない、という気持ちを母ももっているかもしれないと思うと、自分はどうしてやることもできないからすごく悔しい。」

私の話は彼女にとってつらかったにちがいありません。そう思うと涙が出てきました。彼女の言葉はそのまま息子達の気持ちであるかもしれません。

治療して完治しなければいけませんね。

            でこぽん

« 第二幕 | トップページ | 東京へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/8834/21227245

この記事へのトラックバック一覧です: 感想文:

« 第二幕 | トップページ | 東京へ »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30