« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

救済法説明会

昨日は弁護団主催でした

雨のなか200人程の参加者だったようです。準備のために1時に会場に着いたのですが、2時の開始を待ちきれないようにすでに30人くらいの人がロビーで待たれていました。会場の都合で今回はほとんど広報をしていなかったにもかかわらず多くの参加があり、やはり関心の高さがうかがえました。

最初に10分ほど挨拶の時間をもらいました。救済法説明会で話をするのは3回目ですが、いつも複雑な心境です。おそらく多くの方が投与証明が困難と思われるからです。お話を聞いていると、どうしてあげることもできずつらくなります。救済法だけではなく、一般肝炎対策にむけて一緒に声を上げてがんばりましょう、と話すことが精一杯です。

説明会が終わっても何人もの人に話しかけられました。怒っている人、感謝の言葉をかけてくれる人、ご自分の治療経過について話す人、、、、。患者さんはみんな不安で一杯、そして怒りのほこさきをどこにもっていけばいいのかわからない、そんな感じでした。

救済法で一人でも多くの人が救済されてほしい、そして治療費助成を実現させたい。と思っていますが、国の最近の対応を見る限りではまだまだ困難な道のりです。

                でこぽん

2008年3月28日 (金)

一斉提訴

全国で129人、九州は23人が追加提訴

昨日は一斉提訴の入廷行動と記者会見のために午後から福岡に行ってきました。

フィブリン糊で感染し、418リストに載っていたことが判明した熊本の70代の男性も含まれています。すでに5年前に肝臓癌を発症。「私の願いは元の体にもどしてほしい、健康を返してほしい、ということだけです」とコメントを寄せらました。

私も418リストに含まれていますが、418リストはフィブリノゲン製剤だけだと思っていました。今回フィブリン糊のケースが明らかになったことで、国と企業は20年前からすでにフィブリン糊も危険だということを知っていたことになります。

国との和解成立後も次から次に隠蔽されていた事実が出てきます。しかし、企業の態度はすでに開き直っているとしか思えません。時間がたてばほとぼりがさめるとふんでいるのでしょうが、そんなことは絶対ありえない。フィブリノゲンでどれだけの命が奪われたか、どれほど多くの人が今もなお苦しんでいるのか。いまだ和解もしようとしない田辺三菱にまた怒りがこみ上げてきました。

                 でこぽん

isseiteiso

2008年3月25日 (火)

開花宣言が出始めましたね♪

各地で桜の開花宣言が出始めましたね。熊本も大分も例年より少し早く開花したようです。この陽気と桜の開花ですっかり春を感じられるようになりました。

表紙のデザインも桜に替えてみました。 (KIYO)

2008年3月19日 (水)

定期協議

17日は最初の定期協議が開かれました

15日は広島に用事があり、そのまま上京して昨夜帰ってきました。3泊4日でしたが、移動が多かったのでかなり疲れてしまいました。

協議には舛添大臣も参加。私達は原告70、弁護団30という大人数で第一回目の協議にのぞみました。和解で解決ではない、ということを数でもアピールしてきました。

1、恒久対策について。2、薬害の再発防止について。3、薬害被害者救済について。これらのことについて事前に申し入れをしており、その回答が厚労省からありました。その後原告側から意見を述べ、最後に大臣の考えをうかがいました。大臣は、肝炎問題の解決について決意を述べられ、検証のための第三者機関、作業部会等の発足について約束されました。

一時間という限られた時間のなか、3の事項について私も発言しました。大臣に直接意見を述べる、というこの協議の大きな意義を終わってから実感してしまいました。来年度は7月に開かれることも決まり、この定期協議の場を最大限に活用していかなければならない、とあらためて決意した次第です。

              でこぽん

2008年3月14日 (金)

落ち着かない毎日

なんだかバタバタしています。

今週も支援会議があったり、集会や勉強会に呼ばれていて夜は毎日出かけています。和解が成立しても東京に行く機会が減っただけで、それ以外はほとんど変わりません。いつになったら落ち着いてくれるのか。今日も7時から。

午前中確定申告に行ってきました。17日までということをすっかり忘れていました。毎年待ち時間がたいくつですが、今日は2人から話しかけられました。私の顔を見てニコニコされるのでヤバイ、と思ったけれど逃げられず。肝炎相談をしてきました。

3月も半ば。3人の息子たちはとっくに春休みのはず。次男はこの休み期間中サッカー遠征で海外に行っているので、この子だけは動向がわかっていますが、あとの二人はまったく音沙汰なし。生きてはいるようですが。私に連絡があるのは「お金送って」のときだけ。こちらからメールしてもつれない返事しか返ってこないので、たとえば「なんか用事」とか「べつに」とか、極力メールも避けています。が、さっき三男からメールが。「今夜7時に空港に迎えにきて。」今夜帰ってくるらしい。男の子はどうしてこうなんでしょうね。うちの子供たちだけかもしれませんが。3人の中では一番大食漢なのでたいへんです。今夜は勉強会に呼ばれているので、急いでおでんの材料を山ほど買ってきて今仕込み中です。

来週はまた東京です。大臣協議、民主党肝炎対策会議があります。

                 でこぽん

             でこぽん

2008年3月11日 (火)

日比谷公園

東京は1ヵ月ぶり

9日は会議。10日は舛添大臣に要請書を提出、記者会見後、議員会館を回りました。

昨年末と違って、上京してもせいぜい1,2泊で済むので気が楽です。日比谷公園の近くに泊まったので、厚労省まで公園の中を歩きました。朝からの雨も止み、梅の花が咲き誇っていました。日比谷公園では嫌な思い出がたくさんあります。大きな行動はすべてこの公園でした。座り込みやパレードをやっても国には無視され続け、そのたびに空しい気持ちに襲われていました。

昨日初めて10階の大臣室に通されました。隣の控え室の窓からは私たちが座り込みをしたり、官邸前行動の集合場所となったかもめ広場が間近に見下ろせました。大臣も官僚らも私達の抗議行動をしっかり見ていたことがわかって少し報われたような気持ちになりました。

抗議行動の他にも、取材を受けたり、夜のニュースの生中継、松本楼で座り込みのうさばらしをしたことなど、今となっては思い出です。

一度ゆっくり散歩してみたい場所です。

               でこぽん

toukyou

2008年3月 7日 (金)

実は・・・♪

遊びの話というかまじめなスポーツの話というか、実は、3/9(日)に大分県日田市にあるオートポリスというレース場で行なわれるママチャリ・4時間耐久レースに参加するんです。ショートカットコースで一周約3キロを4時間で何周するかを競うレースなんです。前から参加したいと思っていましたが今年はやっと日程があったのでチームを組んで参加することにしました。でこぽんさんも良くご存知のK君も誘ったのですが「まだそんな気になれない」と断られてしまいました・・・。

しかし、ネット情報を見ると高低差52メートルでかなりきつい坂があるようで、私を含めて体力が下り坂の40代50代が3人もいるチームだったので、20代の助っ人も参加してもらって、目標は総参加チームの半分の順位に食い込めることです・・・。

まあ私は日曜日に河原を走った程度の準備で望むのですからケガせずに完走する事が大事ですね。

結果などはまた報告します・・・。(KIYO)

2008年3月 3日 (月)

3月

気がつけばもう3月

急にぽかぽかしだしたと思ったら今日は黄砂のせいで空もどんより。気分も沈みそうです。去年もそういえば黄砂が頻繁に飛んできて、洗濯物は干せない、車は汚れる、でイライラしてました。せっかくこれから過ごしやすい季節になるのに、かんべんしてほしいです。

3月は誕生月。何歳になるかはおいといて、毎年3月が来ると「1年間無事でよかった。」と感慨にふけったり、「来年の3月も変わらず元気だったらいいな」と、不安になったりしています。

今年は積極的に健康を取り戻そう、と考えてはいますが、、、、。治療の大変さを間近で見てきたせいか、いろいろ考えてしまいます。

          でこぽん

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30