« やさしい肝臓病のお話 | トップページ | 全国一斉追加提訴 »

2007年6月14日 (木)

検査結果

今日は病院日でした。

一ヶ月に一回のペースで血液検査に通っています。ここしばらく肝機能値、ウイルス量ともに落ち着いていましたが、今日の結果は肝機能値が上がっていました。といってもGPTが正常値を少し超えた程度ですが。「また動き出したのかもしれないので次回はウイルス量も検査します。」という先生の言葉に憂鬱度120%です。

途中で何年も治療放棄していた時期もありますが、もう20年も検査を続けているのです。検査結果を聞くたびにうれしかったり落ち込んだりの繰り返しです。今日は久しぶりに落ち込んでしまいました。こんなことは何回も経験しているのに、目の前の数値にこんなにうろたえるなんて、弱い自分をまた再認識しています。

検査結果に一喜一憂するのはもううんざりしています。かといって今すぐ治療にふみきる勇気もないのです。

                         でこぽん

« やさしい肝臓病のお話 | トップページ | 全国一斉追加提訴 »

コメント

この前の公開講座では、治療は年齢と肥満によって段々と効きにくくなる傾向があるといっていました。そのために早期発見・早期治療が必要なんだと感じました。
治療についても説明がありましたが、成功率や副作用、費用などのことがあると思うので、充分に、そして慎重に検討して下さい。

周りを見ても、年齢が高くなると悪化しています。肝炎と早くおさらばしたいのですが、ハードルは高いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/8834/6782571

この記事へのトラックバック一覧です: 検査結果:

« やさしい肝臓病のお話 | トップページ | 全国一斉追加提訴 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30