« 座り込み速報は | トップページ | このギャップ・・・ »

2007年4月 1日 (日)

ただいま

昨夜帰ってきました。

3月22日~31日まで、過酷な10日間でした。昨夜やっと帰ることができてほっとしています。この間、ブログではKIYOさんに、東京行動の大筋を発信していただきました。今回は大阪、福岡判決に続く三度目の原告勝訴判決であり、なにがなんでも東京で解決を、という強い意志を持って望みました。しかし、なかなか動かない状況、そして日を追うごとにたまっていく疲労感、先が見えない中での行動はとても不安でした。最終的には30日夕、内閣官房副長官が要請書を受け取る、という形で解決への糸口をつかむことができました。

最後の3日間の座り込みは私にとってはとてもみじめなものでした。ここまでしないといけないのか、という気持ちでした。しかし、過去2回の東京行動では得られなかった国の回答を手にすることが出来、初めて嬉しい涙を流すことができました。各地から駆けつけてくれた支援者、弁護団、そしてメールや電話で励ましてくれた熊本や大分のみなさんのおかげでこの局面を乗り越えることができました。今の段階では解決の一歩を踏み出したにすぎません。闘いはまだまだこれから続きます。全面解決の日までなお一層の支援をお願いします。

今日はさすがに身体が動かず、延々と眠っていました。少し元気を取り戻したら10日間の行動とその感想を少しアップしていきます。

         でこぽん

« 座り込み速報は | トップページ | このギャップ・・・ »

コメント

でこぽんさん、お疲れ様でした。長い闘いでしたね。そして完全決着まで予断を許さず短い闘いで終わらせたいのですが、責任を認めず解決になるのか正直たくさんの不安があります。
一部の恒久対策だけの実施で幕引きさせないような闘いが必要だと感じました。原告団・弁護団の運動と支援が一体となって闘って行きましょう。

今は休養してください。4/1に熊本の菊池恵楓園へ花見に行きましたが、さずがにでこぽんさんは誘えませんでした。

少し雨が降ったけど満開の桜が風に吹かれてきれいでした。表紙の桜のイメージでした。

大分からの応援ありがとうございました。政府に要請書を渡した、という形で今回は決着しましたが、果たしてどこまで信用できるのかわかりません。レベルの低い解決に終ってしまうのでは、という不安もあります。地元熊本では座り込みや要請書受理の話などほとんど報道されておらず、なお一層の活動が必要だと思っています。1日は楓風園のお花見だったのですね。さすがにその日は動けませんでした。日比谷公園の桜も満開でしたが花を楽しむ心の余裕はありませんでした。家に帰ってブログの表紙を見て気持ちがやわらぎました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/8834/5936280

この記事へのトラックバック一覧です: ただいま:

« 座り込み速報は | トップページ | このギャップ・・・ »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30