« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月30日 (金)

座り込み 3日目に突入

詳しい情報は薬害肝炎訴訟 リレーブログに掲載されていますのでご覧下さい。

引き続き皆さんの応援メッセージをお願いいたします。
【FAX】  03-5363-0139
【メール】 suwarikomi@gmail.com

Photo_2 波多江弁護士から座り込みの写真が届いていますのでご紹介します。
日比谷公園から厚労省を見上げながら座っています。(原告の向こうに見えるでっかいビルが厚労省です)

また、座り込みをしているみなさんの思いとして下記の訴えをご紹介します。
どうか力強い支援をお願いします。

私は薬害肝炎九州訴訟原告21番の次女です。現在高校1年の16歳です。今日はたくさんの皆様にお集まりいただき本当にありがとうございます。
 私が生まれたときには母はもうすでにC型肝炎でした。活発な母が、今は毎日体調を考えながら動いています。今の私にできることは何だろうと自問しながらいろんなことをやってきました。
 裁判の傍聴に行ったり、内閣総理大臣や厚生労働大臣に直筆で手紙を送ったり、母の知り合いの国会議員さんに手紙を書いたり、新聞社に電話したり、文章を送ったりしました。まだ何か他にできることがあるのではないかと考えている今日この頃です。
 子どもなりに正面からこの裁判を見ていると、国や製薬企業を相手取った裁判はあまりにも相手が大きすぎて、思っていた以上に難しいものだと感じています。
 日本という「国」は、私の想像以上に、国民の意見にそって動いていない国だと実感しました。しかし、国や製薬企業から「ごめんなさい」という言葉が聞けたら、これからの日本がどれだけ美しくなることでしょうか。私はこの希望を託して以前新聞社に文章を送りました。今日はその文章を読ませていただきます。
 『この裁判は、少し前の私にとって「他人事」でした。
 しかし、初めて裁判の傍聴に行ったとき、たくさんの支援者に出会い、「肝炎と関わりのない人たちがこんなに力を貸してくれているのに、自分は何をしているんだろう」と、自分がとても恥ずかしく思えました。
 そして、今年8月の原告勝訴判決に対する国と製薬企業の控訴は、原告や肝炎患者にとっても、肝炎を抱えた家族を持つ人たちにとっても、支援者の方々にとっても許せないものであったと思います。
 「ごめんさい」・・・・・・その言葉が聞きたくて、今もみんなで闘っています。
 私はこの裁判にかかわって、今まで「私は関係ない」と思って無視してきたことがたくさんあると気付きました。そして、被害者や苦しんでいる人たちの立場に立って、自分の出来ることを積極的に出来るような人間になりたいと思いました。
 母のC型肝炎のウイルス量は検査ごとに増え続け、最近よく弱音をはくようになりました。肝炎患者にとって、死はいつでも隣り合わせです。家族なのに、母に対して出来ることが少なすぎます。でも、「出来ることがあるはず」。そう信じてこれからも頑張っていきます。』

2007年3月28日 (水)

「かえせ!生命(いのち)を」 座り込みへ

『座り込み』"かえせ!生命(いのち)を" 

厚生労働大臣は薬害肝炎被害者と面談せよ!

場所:日比谷公園・カモメの広場(厚生労働省前・西幸門前交差点角)
3月28日(水)11:00以降連日、昼夜問わず座り込みを続けます。

大臣が交渉のテーブルにつき、政治的解決の道筋ができるまで座り込みを予定しています
可能な時間に参加して下さい。

薬害肝炎被害者への応援メッセージをお願いいたします。
【FAX】  03-5363-0139
【メール】 suwarikomi@gmail.com

【連絡先】 薬害肝炎訴訟「かえせ!生命を」座り込み実行委員会
      TEL 03-5363-0138 

▼今後の詳しい状況は下記まで・・・。

「古賀克重法律事務所」ブログ

2007年3月25日 (日)

命をかけた闘いへ

東京判決を受けて3月28日(水)~30(金)に日比谷公園で『原告が座り込み』を行うことが決まったようです。詳しくは本日の14時から座り込み実行委員会で打ち合わされるようです。分かり次第お知らせいたします。

Img_0034s Img_0037s 大分では本日街頭行動を行います。昨夜緊急にメッセージボードも追加しました。(写真は作成準備する事務局次長の阿南さんです。写真をクリックするとやや大きく表示します。雨天も予想されるのでビニールで覆いました。)一人でも多くの方々に伝えて行きたいと思います。(KIYO)

2007年3月24日 (土)

「勝訴」「三度断罪」

昨日は東京判決の言渡しでした。ネットのニュースやテレビのニュースでは「勝訴」「三度断罪」の文字が象徴的に使われていました。

判決内容については誰かの解説を聞かないとよく分からないのですが、詳しい情報(新聞記事一覧、判決骨子、要旨、全文)は古賀克重弁護士ブログをご覧ください。

▼判決骨子、要旨、全文、弁護団声明等はこちらからご覧ください。
  http://lawyer-koga.cocolog-nifty.com/

古賀克重弁護士からの情報では

東京判決の第1の意義は

ついにクリスマシンの法的責任を認めたこと。「クリスマシンは薬害ではない」とうそぶいてきた被告も、クリスマシンも含めた全面解決を検討せざるをえません。これは本当に大きな前進です。

第2の意義は、司法がみたび被告らの責任を断罪した点です。

もっとも、判決が続く限り、責任が認められない原告さんが出てくる可能性は続きます。全原告さんの被害を回復するためには、行政・国会の役目が重要になってきます。

原告団・弁護団では国会対策を進めながら29日(木)前後には座り込みも計画して、全面解決を勝ち取る動きを展開して行く予定のようです。

各地でもそれを後押しするような支援が広がることを願っています。

大分では明日25日に街頭行動でチラシの配布と署名活動を行う予定です。(KIYO)

2007年3月21日 (水)

東京判決

23日、いよいよ東京判決です。

大阪、福岡、両判決を大きく超える判決であることを期待しています。そして三度国の責任が問われれば、国も何らかの対応をとってくれると信じたいです。

明日から私も上京します。前夜集会、判決、交渉と、東京行動も三度目。今回は過去二回と違って国会開催中なので、するべきことがたくさんあります。今度こそ柳沢大臣を交渉の席に連れてきて、解決をせまりたいと意気込んでいます。精一杯のことをやってきますので、応援していてくださいね。

東京判決が原告だけではなく、多くの患者さんを励ます判決であることを本当に願っています。

             でこぽん

病院でパネル展を始めています

Pap_0000s 3/21~4/4の2週間の期間に大分健生病院の診療待合ロビーの掲示板に薬害肝炎のパネルを掲載させていただいています。掲示スペースの関係で18枚中5枚を使わせていただいていますが、数枚は医局内にも掲載していただいています。

期間中に東京判決を迎えるので調度いいタイミングだと思っています。お近くの方はお寄り下さい。 (KIYO)

▼大分健生病院 http://www.oita-min.or.jp/

なお、注目の東京判決の前後の主な日程は下記の通りです。参加可能な方はぜひご参加下さい。

3月22日(木) 18時半~20時半
  判決前夜集会 [入場無料]
  みらい座いけぶくろ(豊島公会堂

 3月23日(金)
  12時前 東京地裁前での集会
  14時  東京地裁判決(103)
  16時  記者会見
    * 福岡においても弁護士会館において、実名原告・弁護士による会見を実施します。

 3月26日(月) 17時開場 18時~20時
  支援ライブ
  元チェッカーズ鶴久政治氏他(原宿アストロホール

2007年3月17日 (土)

14日の報告

14日はたくさんの人が来てくれました。

7,80人は集まってくれたでしょうか。マスコミ報道は、100人、60人、50人となぜかまちまち。初めての試みでミニコンサートとのコラボでしたが、出演者のファンという若者も来てくれたように、初めて参加してくれた人も多く、肝炎問題に関心を寄せてくれる人が少しずつ増えているようです。

コンサートは地元で音楽活動をしているアマチュア2組とプロ1組。それぞれ違ったジャンルの歌を歌ってくれました。アマチュアの2組はストリートミュージシャンで、普段あまり接する機会のない私はとても楽しめました。

「熊本の薬害肝炎被害者を支える会」も一周年を迎え、この間、集会6回、電話相談2回、街頭6回、大学での講演会、各種集会でのアピールと活発に活動してきました。そのたびにマスコミに活動の様子が流れ、薬害肝炎という言葉が浸透していると信じています。

今回の集会でとてもうれしかったことがありました。支援の会のメンバーで患者さんでもある女性が壇上でご自分の想いを語ってくれました。現在の病状、闘病生活、カルテがなく原告になれない気持ちなど、一患者として大勢の人の前で話すことはとても勇気のいることだったと思います。彼女は体調の悪い中、毎回裁判傍聴にも来てくれますし、街頭にも立ってくれます。逆に私の方がたくさん彼女に励まされています。

これからも地元熊本でコツコツとやっていきたいと考えています。支援の会の皆さん、またよろしくお願いしますね。

            でこぽん

2007年3月15日 (木)

メッセージを書いてみました♪

Ts320098m3月23日の東京判決の前後の集会で使われるであろうメッセージを書いて福岡に送りました。画像で見るとなかなかよさそうですが実物を見ると少し・・・。迫力のあるメッセージにはなりませんでしたが、思いを込めて書き込みました。だれかが書いた「今度こそ」。薬害根絶は当たり前ですが、今度こそ「完全勝訴」を聞きたいと思っています。 (KIYO)

2007年3月14日 (水)

今日集会をします

薬害理解と音楽の夕べ

ちょっとお堅い感じですが。熊本支援の会の発足一周年を記念して、そして間近にせまった東京判決をアピールするために計画しました。

今回はとくに肝炎患者を励まそうという気持ちで、音楽の夕べ という企画になっています。という私もどんな音楽の夕べになるのかいまいち把握しておらず、その分不安もありますが、楽しみにしています。熊本では何回か集会や勉強会を開催してきましたが、今回はホットするような会になりそうです。いつも「ガンバロー」とか「負けないぞ」と叫んでいるので少々疲れ気味、熊本の患者さんがたくさん来てくれたらとてもうれしいのですが。

といっても私の発言時間も用意してあるのでその時はしっかり裁判のことをしゃべってきます。

    薬害理解と音楽の夕べ

      3月14日(水) 午後7時より、同仁堂ホール(熊本市上通り、同仁堂ビル4階)

      1.報告  「熊本の薬害被害者の現状」 

      2.薬害肝炎被害者の生の声

      3.薬害肝炎九州訴訟弁護士、原告の話

      4.コンサート(熊本で活躍中のミュージシャン、3組)

  入場無料です。熊本にお住まいの方、お待ちしています。 

                    でこぽん                                

2007年3月 7日 (水)

東京行動

2泊3日で東京に行ってきました。正直いって、とても疲れました。

4日は東京判決前夜集会で歌う「きずな」という歌の歌唱指導がありました。これは湯川れいこさんの作詞で、とてもじ~~~んとくる歌でした。

その後全国弁原会議。明日の国会ローラーの打ち合わせと東京判決に向けて一致団結して闘うことを確認しました。九州からは7人の原告が参加しました。

5日は国会ローラー。私は3回目です。過去2回は国会が休みの時期で、議員本人と直接面会というより秘書対応が多かったのですが、今回は事前にアポが取ってあり数人の議員と面会することができました。6日は政党ヒアリング、そしてまた議員会館巡り、あっちへ行ったりこっちへ行ったりの繰り返しでした。今回は主に厚生労働委員会所属議員にしぼったこともあり、肝炎問題をまったく知らない人はいませんでした。しかし、野党議員の熱心な対応に比べて、与党自民党の先生方の対応は冷ややかなものでした。会ってくれただけでも進歩したのかもしれませんが、ふんぞり返ったような態度にがっがり。まだまだ壁は厚く、ハードルは高いのです。

議員会館ロビーはたくさんの人でごったがえしていました。東京判決後にまた訪ねることになるのでしょうが、偉い先生方の態度を変えるのは、やはり完全勝訴と世論の高まりが必要だと感じた3日間でした。

             でこぽん

2007年3月 3日 (土)

三月

三月になのに熊本の今日の気温は23度、暑かったです。

今日は5月の気温だったとか、ここまで暑いとやはり不気味です。明日から東京です。4日は原弁会議、5、6日は国会周辺で活動予定。23日の東京判決を盛り上げてきます。昨年の九州判決後の東京行動ではとても惨めな気持ちでしたが、今度は国がどんな態度をとっても絶対泣きませんから。

東京から帰るとすぐ誕生日、そして14日は熊本でイベントを計画しています。15日は福岡で支援会議と学生の送別会があります。三月は忙しい日が続きそうですが、最近は以前より体調もよくて助かっています。

               でこぽん

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30