« 秋の足跡 4/4 福田さんの刺繍展 | トップページ | 11/29 ご参加下さい »

2006年11月23日 (木)

検査日

今週は病院に行きました。

10月に病院を変わってから、まじめに通院しています。

この一ヶ月、貧血治療のために鉄剤を服用していました。私の貧血はとにかくひどくて、少し動くと脈拍がどんどん速くなり、はあはあ、はあはあ、呼吸も苦しくなります。ヘモグロビンが少なくて、全身に酸素をまわすために心臓も精一杯働いてくれているのでしょう。

以前の医師は、鉄は肝臓の敵といって鉄剤をくれませんでした。新しい医師は、これでは生活も大変でしょう、といってくれました。が、一ヶ月飲んだのにヘモグロビンはほとんど増えていませんでした。自分の感覚としては随分楽になってきたような気がしていただけにがっかり。当然鉄剤も倍の量に。

貧血があるとリバビリンが使えないので今は治療もできない状態なのです。もし治療しましょう、と医師に勧められても考えてしまいます。お金のこと、副作用のこと、治癒率のこと、いろいろと迷ってしまうでしょう。100%治るものなら迷いはないのですが。

             でこぽん

« 秋の足跡 4/4 福田さんの刺繍展 | トップページ | 11/29 ご参加下さい »

コメント

治療は人それぞれにあった治療をしないといけないので判断は難しいですね。インターフェロンするにしてもしないにしても信じるしかないのかなーと感じます。治療したら直る、治療しなくても悪くならない、そう思うしかないのかもしれません。
気持ちではそうであっても、新しい病院でいいアドバイスを受けて適切に治療を受けていただきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の足跡 4/4 福田さんの刺繍展 | トップページ | 11/29 ご参加下さい »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30