« 叔父が肝ガンに | トップページ | 検査日 »

2006年11月22日 (水)

秋の足跡 4/4 福田さんの刺繍展

Pb090033s Pb090035s Pb090038s 行って来ました。11/9の午後から長崎の福田さんの刺繍展を見てきました。高速を通って250キロ、約3時間の行程です。晴天に恵まれ高速道路から見える紅葉や柿などがたくさんなっている様子を楽しみながらのドライブとなりました。

刺繍展の会場はグラバー園に行く途中にあるのですが前にその道を歩いた時に記憶に残っている絵本のお店でしたのですぐに分かりました。展示会場では福田衣里子さんの刺繍は童話風とか物語風の刺繍でとてもかわいらしい作風の数々が展示されていました。福田・母の方はこれぞ刺繍だと思わせる繊細な作品で遠くからでも近くからでも作品が楽しめます。

会場には薬害肝炎のコーナーもあり新聞の切抜きなどやパネルにて分かりやすく展示していました。新聞の切抜きの厚さを見ると闘いの歳月の長さも実感します。

福田さんは前日の国会傍聴を日帰りでこなしているので疲れていたでしょうが一日会場で来場者との応対をされていました。ゆっくり過ごした私たちのお相手もしてくれました。福田さんと福岡の期日でお会いしても挨拶程度しか話す時間がないので久しぶりにゆっくり話すことが出来ました。

ドライブにしても見学にしてもやっぱりゆっくり過ごす時間の持ち方も必要だなと実感した半日でした。

この充電によって、11/12に行った障害者とボランティアのふれあいの旅という企画で貸し切りバス4台、178名で太宰府天満宮参拝と九州国立博物館見学の旅も楽しく安全に終了し、忙しかった4週間を無事に過ごすことが出来ました。

あとは年末までは大きな取り組みがなく、ゆっくり出来るのでこの間できなかったことをやっていこうと思っています。(KIYO)

« 叔父が肝ガンに | トップページ | 検査日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30