« 大阪判決 | トップページ | 携帯でも読めるメルマガ »

2006年7月19日 (水)

悲しい

おととい、飼っていた犬がなくなりました。悲しくてずっと泣いています。

11年前、小学2年生だった二男と三男にせがまれて犬を飼いました。

名前は子供達がそのとき大好きだった  フリーウィリー  という

シャチの映画からもらって、ウィリーとつけました。車と水が大嫌い

で、散歩が大好き、雨の日以外は毎日2回、家族で交替しながら散歩

につれていきました。どんなに遅く帰ってきても、必ず犬小屋から出てきて

迎えてくれました。思い出はつきません。

一年前、病気がわかった時から覚悟はしていたのですが、まだ実感がわきません。

この暑さのせいでしょうか、急に弱って二日間で逝ってしまいました。最期を看取ってあげ

れた、という安堵感、もっとしてあげたかった、という後悔、でも今は寂しくて、犬小屋のほう

ばかりに眼がいきます。でも、もういません。時間が解決してくれるのを待つしかありません。

母が5年前に亡くなったときも、死に方を私に教えてくれたような気がしました。

ウィリーもそうです。犬ではありますが、たくさんのことを教えてくれました。

       でこぽん

« 大阪判決 | トップページ | 携帯でも読めるメルマガ »

コメント

わんちゃんが亡くなられたことお寂しいですね。私宅も去年亡くなりお通夜もし火葬しました。最初は残った犬がきゅんきゅん鳴いて寝てくれませんでしたが、かわいそうになり今は同じ部屋で寝ています。ちょっとしたことであのときはこんな風にしていたなあとか、こんなときはすぐ走ってきてたなあと思い出します。これからが大変だと思いますが頑張って下さい。応援しています。わんちゃんも見てると思います。

さざえさん、お返事が遅れてしまいました。犬が亡くなってあらためて、家族にとっては大きな存在だったと感じています。今夫と二人で写真の整理をしているところです。思い出はつきません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/8834/2713018

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しい:

« 大阪判決 | トップページ | 携帯でも読めるメルマガ »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30