« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月27日 (火)

小泉純一郎に思った

25日付けの毎日新聞に「厚相当時有効性認めず 大阪の40代女性、小泉首相に注文」「闘病20年の女性、小泉首相に注文」という記事が掲載されています。

タイトルに「あやっ」っと思いながら全文を読んでみました。
新聞記事は下記から閲覧できます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060625-00000007-mai-soci
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kenko/news/20060625ddm041040118000c.html

『・・・感染原因の血液製剤を98年に「有効性が認められない」と決定したのは当時厚相だった小泉首相。だが国は訴訟で決定を無視し「今も有効な薬」と主張し続けた。「過ちを指摘されたら、謝るのが人として当然やないですか」。控訴断念と患者救済策を打ち出すよう、小泉純一郎首相や国に注文をつける。・・・』

全くその通りだと思う。判決後に「まだ有効性はある」などとコメントした厚生労働省の役人にも注文をつけたい気持ちだ。

小泉純一郎首相はその経歴を見ると3度も厚生大臣に就任しています。
歴代          当時の内閣・就任年月日
73  小泉純一郎  竹下内閣 1988年12月27日
74  小泉純一郎  宇野内閣 1989年6月3日
86  小泉純一郎  第2次橋本内閣 1996年11月7日

それで思い出したのですが、私ちは1997年11月に衆議院第2議員会館・第3会議室で小泉厚生大臣に対して約80人の要請団として「薬害エイズ隠しと差別偏見の元凶「エイズ予防法」の誤りを認めさせた上で廃止」を求めたことがありました。
その時の議事録を読んでいると彼は最後にこう述べていました。

『・・・どういうのがいいかということを、これから考えていかなくてはいけないし、早急に皆様方の要望にこたえるような対策が必要ではないかと改めて痛感いたしました。それぞれご不満あると思います。また今までの厚生省の対応に対して憤る面も多々あると思いますが、私も何度か実際に皆様方のご意見を見たり聞かせていただき、そして皆様方の立場を心配しております国会議員の委員の皆さんからよく話を伺い、今後とも少しでも皆様方の要望に応えるような措置をとって、改善策を講じななくてはいかんという気持ちを日に日に強くしております。今日は限られた時間でありますけれども真に心の中の皆さんの叫びといいますか、言いたいことの何分の1かと思いますが、聞かせていただきましたことを今後の政策対処に活かしていきたいと思っています。本当に今日はご苦労様でございました。ありがとうございました。」

改めて読むと、これって、政治家の慣用句だったの?なんにでも通用することを話してんじゃないの?って思わず笑えてきました。

ただ、話の中の『今までの厚生省の対応に対して憤る面も多々あると思います・・・」が本音と信じ、98年に有効性がなかったと判断した責任を果たすために厚生労働省も政治家も説き伏せるぐらいの強引さで解決を図って欲しいと思っています。しかし、今は北米に外遊中。任期は9月と決まっている。帰ったら読めるように首相官邸HPに書き込んでおきました。(KIYO)

2006年6月26日 (月)

支援の方法として

福田さんのブログに具体的な支援の方法を掲載していましたのでご紹介します。

・・・、お手紙の内容は、

厚生労働大臣は、直ちにB型、C型肝炎訴訟原告と面談し、恒久対策の協議の場を設けてください。

ウイルス性肝炎について、すみやかに治療体制を整備し、実効性のある恒久対策を実施してください。


といった内容の要請をしてください。

今回、6月16日に、B型肝炎高裁判決が出ました。そしてC肝。

私たちは、B、C両方を、同時に進めて行きます。

厚生労働省  東京都千代田区霞ヶ関駅1-2-2

メール


首相官邸「ご意見募集」

厚生労働省「ご意見募集」

厚生労働省大臣川崎二郎

▼詳しくは

Piquer 〜Ennrico’s  room

ぜひとも要請活動にご参加下さい。(KIYO)

2006年6月25日 (日)

徳田先生と一緒に行きます

今日は別府市で行われたハンセン病関連の取り組みに参加いたしました。そこに参加されていた徳田先生と少しですが立ち話をしました。7/2は5名ぐらいで一緒の車に乗って熊本の講演会に参加させていただくことに致しました。大分ではこの時期の学習会の開催は厳しいので熊本に便乗させていただこうと思います。でこぽんさんにも久しぶりにお会いできます。たぶん4月末のソフトボール以来でしょう。

明日25日はビラ配りだけど大雨らしい・・・。傘差している人にどうやって渡すかが問題ですが頑張ります。(KIYO)

2006年6月22日 (木)

7月2日(日)熊本講演会のお知らせです

昨日の判決を受けてさまざまな行動が起こされています。東京では厚生労働省への要請の様子がニュースに出ていました。24日には福岡で学習会と街頭行動、25日は大分で街頭行動が行われます。

熊本では講演会が行われます。

7月2日(日)  14:00~

 熊本県教育会館(九品寺・熊本整形外科裏)

 「大阪判決の意義と被害者救済の行方」

 講師:徳田靖之弁護士

主催:熊本の薬害肝炎被害者を支える会(℡096-372-8284)

でこぽんさんは東京にいるようです。映像にちらちらと映っております。しかし、新聞にでこぽんさんのコメントを見つけるのは難しい状態ですが、でこぽんさんらが連日の行動の疲れも見せず頑張っていますので、こちらも負けずに情報発信をしていきたいと思います。

でも、でこぽんさんら原告の方々の体調が心配ですね。精神的に元気が出るようにみんなでエールを送りましょう。(KIYO)

真の全面解決を信じて

待ちに待った大阪判決が出ました。しかし、「勝訴」と「国の責任を認める」報道に素直には喜べない一人です。判決要旨を見た限りでは本当に最低ラインに責任の所在を置いた判決と思えてなりません。もっともっと前の1964年の製剤承認時、1977年のアメリカでの承認取り消し時期までさかのぼって責任が明らかになると信じていました。1977年の国の対応に対して「その意識の欠如ぶりは非難されるべきである」といわれてもそこには責任は認められていない気がするのです。素人ながらこれでは双方控訴する可能性もあるのではないかと考えてしまうのに誰にどの部分で勝ったのか7/2の熊本での学習会までもやもやが続きそうです。

しかし、原告団・弁護団はこの判決を足がかりに明日から東京での全面解決行動にでます。私たちも真の全面解決に向けて支援を広げていきたいと思います。(KIYO)

▼やっと見つけたでこぽんさんの記事です。

大阪地裁に駆けつけた九州訴訟の原告の出田妙子さん(48)=熊本市=は「微妙な判決です。全面勝訴でなくて複雑な気持ち。血液製剤を承認したことについて国の責任が認められず、とても残念です」。九州訴訟原告弁護団の古賀克重事務局長は「一部だが原告の訴えが認められた。九州訴訟の判決では全面勝訴を目指したい」と語った。

=2006/06/21付 西日本新聞夕刊=

▼大阪判決に関する詳しい資料は下記から
「古賀克重法律事務所」ブログ版

2006年6月20日 (火)

いよいよ判決

いよいよ21日に大阪判決となりました。

当日~24日までの行動が下記ブログに詳しく説明されていますのでご紹介いたします。
「古賀克重法律事務所」ブログ版

いい判決が出ることを願うばかりです。

でこぽんさんはすでに大阪に行かれているようです。(KIYO)

2006年6月15日 (木)

14日ニュース

残念ながら参加することができませんでしたが昨日の様子をネットで探し出しましたのでお知らせいたします。

速報などの場合はリンク切れになっている場合がありますのでご了承下さい。(KIYO

▼西日本新聞

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/20060615/20060615_001.shtml

▼読売新聞

http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/ne_06061510.htm

RKB

http://news.rkb.ne.jp/rkb_news/archives/003813.html

KBC

http://www.kbc.co.jp/news/index.html?newsno=9&mode=kbc

詳しくは下記ブログに詳しく解説されています
「古賀克重法律事務所」ブログ版

これを読んで支援をしない人は一人もいないと思います。

だからがんばって伝えて支援を広げて生きたいと思います。

2006年6月14日 (水)

予定追加です

本日 6月14日(水)の福岡訴訟の日程が追加されましたのでお知らせ致します。


12
時45分~13時30分 天神の三越前で宣伝行動

14時~      裁判所前集会・入廷行動
14時半~     整理券の配布・抽選
15時~16時   弁論(301号法廷)
16時~      進行協議
16時半~     記者会見(会館3階ホール)
17時~18時   報告集会(会館3階ホール)

詳しくは下記を参照
「古賀克重法律事務所」ブログ版

是非ご参加下さい。
(私は残念ながら、大変申し訳ないですが参加できません…。
KIYO

2006年6月12日 (月)

6月14日情報

6月14日(水)の福岡訴訟の日程が公表されていますのでお知らせ致します。

14時~      裁判所前集会・入廷行動
14時半~     整理券の配布・抽選
15時~16時   弁論(301号法廷)
16時~      進行協議
16時半~     記者会見(会館3階ホール)
17時~18時   報告集会(会館3階ホール)

▼詳しくは下記を参照
「古賀克重法律事務所」ブログ版

2006年6月 7日 (水)

通信不調のようです・・・

でこぽんさんのパソコンの通信が不調のようで、やや復旧に時間がかかるかもしれないらしいのでお知らせいたします。

それで代わって福岡から「新つばさ通信」に基づいて、今後の予定をお知らせいたします。

6月14日(水)15:00~福岡訴訟の第2陣の意見陳述  (集合は14:00)

6月21日(水)13:15~大阪訴訟判決言い渡し

6月22日(木)終日  第二次国会議員ローラー(仮予定)

6月24日(土)午後  福岡では大阪判決を受けての街頭宣伝

熊本では6月11日(日)に街頭行動を行うようです。

大分では6月25日(日)に大分トキハ前にて街頭行動を予定しています。

その後の予定としては

7月2日(日)午後から 熊本での講演会(講師:徳田靖之弁護士)

7月4日(火) 名古屋期日

8月1日(火) 東京結審

8月30日(水)14:00~ 福岡訴訟判決言い渡し

*6月以降はより重要な時期をむかえます。どうか引き続きご支援をお願いいたします。

(KIYO)

2006年6月 1日 (木)

パレアルーム

パレアルームという所で支援会議をしていますが、ここは無料で使えます。もちろん机やイスは限りがあるので早いもの勝ちですが。

昨日は20人ほど集まりました。原告5人、弁護士4人、支援とマスコミで10人ほど。明日から熊本では電話相談を実施するので、主にその打ち合わせで終わってしまいましたが、福岡の皆さんと初めて顔合わせができて安心しました。これからもっと情報交換しながらやっていけたら、と思っています。

JRの接触事故の件ですが、今朝村上君から無事帰り着いた、と電話がありました。タクシー飛ばして、夜中3時ごろ着いたそうです。よかった、よかった。

今日は午前中朝日新聞の取材、明日は電話相談。毎日何かあって、また家の中が悲惨な状態になりつつあります。子供達もいないし、私の計画では梅雨前に家の中をピカピカにするつもりでしたが、、、、、。空いた子供部屋は物置と化しつつあります。庭はジャングルの一歩手前です。何とかしなきゃ。

            でこぽん

接触事故

今日は福岡、熊本で支援連絡会、その後懇親会。その後帰ったはずの小林君からメールが、、、、、、。

小林君と支援の浅野さん、村上君の乗った電車が車と接触事故を起こして今立ち往生しているみたいで、さっきメールがきました。早く復旧して博多に戻れればいいけれど、、、。

小林君なんて仕事先から直行で熊本まで来たというのに、帰りがこんなことになって、、、、これに懲りずにまた熊本に来てくださいね。詳しいことは  くうブログ をご覧下さい。

      でこぽん

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30